So-net無料ブログ作成

あれだけ苦労していた保険の営業が、このようなトークに替えるだけで見込み客が増える [営業方法]

あなたが今使っている保険の営業トークで
アポは取れているでしょうか?

取れていると言うのであれば問題ありませんが、
思うようにアポが取れていないと言うのであれば、
トークの見直しが必要になってきます。

たとえば毎回同じトークで訪問している場合、
「また保険の話しですか、今は必要ありません!」
と言ったようにすぐ断わられる時は
それ以上の進展は見込めません。

何度訪問してもアポは取れないのですから、
違う入り方のトークが必要だからです。

実際、入り方のトークを変えることによって
相手があなたを見る印象も違って来ますし、
その後の展開も変えることも出来るのですから
今まで以上の成果を上げることも可能になります。

何よりもトークの内容を工夫することで
営業能力のスキルを向上させることも出来ますから、
モチベーションを高めることも可能になるからです。

そこで、保険の営業トークを工夫するコツです。

(1)保険の売り込みと思わせないこと、
(2)面倒な話しだと思わせないこと、
(3)その話しを聞かせて欲しいと思わせること、

このような内容をトークに織り交ぜることで
冷たくインターホンを切られることも少なくなりますし、
アポイントも取れるようになります。

「またその話しか、」と言われないで
話しを聞いてもらえる保険の営業トークがあれば、
あなたも試して見たいと思いますよね。

でも、効果的なトークが思い浮かばない・・・
どうすれば話しを聞いてもらえるのか分らない・・

そんな時はこちらを参考にしてください。

色々な場面に使える営業トークがありますので、
今まで苦労していた保険の営業にも役立ちます。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事