So-net無料ブログ作成

◆保険営業のテレアポで断られ時に、気持ちを切り替えるコツ [テレアポ]

テレアポすると、ほとんどが断られます。

「うちは必要無いですから、」
「今のところ間に合ってますので、」
「その話しならお断りしてますので、」

仕事とは言え、やはり断られると、嫌な想いをしますよね。
そこで、相手から断られても、自分の気持ちを「楽にさせる」方法です。

楽になれば、話す内容にも余裕が出て来ますし、切り返しもスムーズ
にいくようになりますから、今までと違った結果を残すことも可能です。

まずは、マイナスのままで終わるのでは無くて、プラスの状態で電話を
切る、と言う意識を持つことです。

たとえば、
必要無いですから、間に合ってます、と言った断り文句が出た時に、
「そうですか、分かりました、失礼します・・・。」と言ったように、
マイナスイメージのまま終わってしまうと、ショックを引きずってしまい
後味が悪くなりますから、それをプラスイメージで終わらせるように
するのです。

このような感じです。
…………………………………………………………………………

相手「今のところ、間に合ってますから、」

営業「そうですか~、
   今は間に合っている、と言うことなんですね、」

相手「ええ、そうですね。」

営業
「分かりました。
   それでは、新しい保険のサービスが出ましたら、
   お役に立てる情報として、優先してご案内したいと思いますので、
   その時はよろしくお願い致します。
   ありがとうございました
   失礼いたします。」

…………………………………………………………………………

この様に、締めのことばに「感謝の言葉」を入れると、心地よく電話
を切ることが出来ますから、断られたと言うショックを引きずる事無く、
精神的に落ち込むことも少なくなります。

断られても、簡単に切るのでは無くて、感謝の言葉を添えて終わる、
と言う感覚で電話を切るのがポイントです。

そうすれば、断られたと言う意識を薄くさせることが出来ますので、
その後に尾を引くと言うことも無くなりますし、気持ち的にずいぶん
楽になりますから、ストレスも溜まることはありません。

いかがですか、
終わりかたを工夫することで、テレアポも楽に出来るのですから、
試して見てはいかがでしょうか、

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険営業でお悩みの方は、こちらにも参考になるノウハウ
がありますので、どうぞご覧下になって下さい。

                ↓↓↓

 保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

    


nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

営業ガイド

いっぷくさん、貴重なnice! ありがとうございました。
今後も宜しくお願いします。
by 営業ガイド (2010-07-02 21:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。