So-net無料ブログ作成

保険の営業で断わられても「会話を続けられるコツ」、これなら見込み客も増える [営業方法]

保険の営業は断られるのが当たり前だ・・
と良く言われますが、

それでも結構です、
・必要ありません、
・もう来ないで下さい、

といったように言われると
さすがに落ち込んでしまいます。

断られずに済む方法があったら
どれだけ気が楽か・・・

そんな落ち込んでいるあなたに
気を和らげる営業の仕方がありますので、
その工夫をご紹介したいと思います。

その方法と言うのが、
相手から断わられても話しを続けられるコツです。
………………………………………………………
(1)相手の断わりを一旦受け止める
(2)受け止めた後は同調させ話を続ける
(3)保険の意外性を教えてあげる
………………………………………………………

この流れで話しを続けると
今まで以上に会話も続けることが出来ますので
実際にどのようにすればよいのか、
こちらの会話をご覧下さい。

        ↓ ↓ ↓

奥様「保険はもう入っているので
    これ以上入る余裕が無いですね・・・ 」

営業「そうですよね、
    これ以上入る余裕は無いですね、
    わかりました。

    ところで最近よく言われるんですが、
    2つ以上の保険に入られている方が
    もう一度、見直しをしたら(    )だった・・・
    と言うことなんですが、
    ご存知でしたか? 」

相手「え、そうなんですか?」

営業「ええ、そうなんです。
    それが分かっただけでも
    良かったとおっしゃる方も多いんですが、
    奥様もご存じなかったですか?」

相手「そうですね、
    知らなかったですね、」

営業「そうですよね、
    そこで、こちらをちょっと見て貰いたいんですが、
    ・・・・・・・・・  」

と言った感じで
会話を進めて行くことができるようになります。

相手と会話を続けることが出来れば
そのあとの展開も変わってきますし、
相手から頼りにされることになりますから
信頼を得ることも可能になります。

ポイントは、他の人でも
そう思っている人もいるんだな・・・・
と思わせるようにすることです。

そうすれば
今まで以上に見込み客も増えますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他
保険の営業現場で使えるノウハウを知りたい方は
こちらにも参考になる保険のノウハウがありますので、
ご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事