So-net無料ブログ作成
テレアポ ブログトップ
前の10件 | -

保険のテレアポで成功する秘訣、それは相手の興味を引きつけるイメージトークを使うこと [テレアポ]

保険の営業で辛いのは
電話してもアポイントが取れないこと。

たとえば1日中電話をしても
一件すら取れない時もあります。

では、なぜアポイントが取れないのか?

その理由は簡単です、
取れないトークしか使っていないからです。

もしもアポが取りやすいトークがあるとしたら、
あなたも使って見たいと思いませんか?

そんなトークがあるなら教えて欲しいと
営業で悩んでいる方にコツをご紹介したいと思います。

まずは今までテレアポがうまく行かないのは
最初に出る方に対する会話が上手くいかないのと、
キーマンに対する興味付けが足りなかったことです。

会社に電話する例で言えば
最初に出るのは受付や事務員と言ったケースで
この時点で断わられていたのが多かったはずです。

キーマンと話す前に電話が終わる訳ですから、
アポイントが取れないのは当然です。

さらに運良くキーマンと話しをする事が出来たとしても、
簡単に断わられてしまうこともよくある話しです。

あなたもそうではありませんか?

そこでアポが取れずにお困りになっているあなたに、
解決出来る方法です。

それは相手の立場になって見ることです。

自分が相手の立場だったら
どう言われると聞く耳を持つだろうかと
考えて見るのです。

こう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と言う感じで自分なりに工夫して見ます。

今までは会社から教えられたトークを元に
電話していたケースも多いと思いますが、
それでは他と同じような話し方になり、
「また保険の話しか、」となってしまいます。

そこで相手の興味を引きつけるには
相手の立場に立ったトークが必要です。

相手の立場に立ったトークとは、
興味をもたらすイメージトークのことです。

あなたも自分だけのイメージトークがあれば
使って見たいと思いますよね。

そのトークを作るにはどうしたらよいのか?
と言うことでこちらを参考にして見て下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

きっと解決する糸口が見つかりますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

7347687.jpg





共通テーマ:仕事

保険の営業で事務員に断わられても「次につながる印象」で成功できるコツ [テレアポ]

保険の営業で会社関係に電話をすると
受付や事務員と言った同じ人が出るケースが
よくあります。

たとえば保険の案内で電話した時に事務員から、
「その話しでしたら必要ありません、」
「断わるように言われておりますので・・」
と言ったように拒絶された場合、

「わかりました、失礼します。」
と簡単に電話を切ってしまうと、

相手の事務員はあなたの電話を営業だと見なし、
何度電話をしても取り次いでくれません。

なぜなら、
「また保険の勧誘か」となってしまうからです。

そこでたとえ事務員から冷たく断わられても
次につながる印象を残すことが大事ですから、
それには「感謝の気持ち」を伝えるようにすると
相手の記憶に残すことができます。

こんな感じでトークを締めるのもひとつの工夫です。
…………………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   断わるように言われておりますので・・」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   ところで今すぐではないんですが、
   御社にお役に立てる情報も入ってきますので
   その時はご紹介したいと思います。

   リスクを減らす意味でも
   お役に立てる内容となりますので
   その時はまたご案内したいと思います。

   本日はお忙しい所、
   ありがとうございました。
   失礼いたします。」

…………………………………………………………………

と言った感じで終われば次も電話しやすくなりますし、
お互い嫌な思いを引きずることはありません。

相手の心証を良くするのも大事なことですので
次につながる電話をして見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業に役立つ「アポイントが取れるコツ」 [テレアポ]

保険のテレアポをしている
営業マンが居ました。

テレアポされた側は、
話しを聞こうか断わろうかと
電話の内容で判断します。

そうなると
ほとんどが断われるパターンと
なってしまいます。

なにしろ
保険の勧誘が多い訳ですから、
一旦、話しを聞いてしまうと
断わりづらくなって面倒だと
思われてしまうからです。

ゆえに保険の電話と分かると
断わられる方が多いのです。

そうするとテレアポする側は
断わられる件数が多いために、
アポイントが取れず苦労してしまいます。

何十件電話しても
断わられる件数が多い・・・
これでは気持ちも落ち込んでしまいます。

そこで、
気持ちの切り替え方です。

テレアポは相手からして見れば
迷惑極まりない行為です。

頼んでもいないのに
一方的に電話をして来て、

「話しを聞いてほしい」
「会ってほしい」と
お願いされるのですから、
迷惑と思うのは当然ですよね。

ですがテレアポする側も仕事ですから、
そこは何とか話しを聞いてもらいと
アポにつなげることに必死です。

そこで、
テレアポする時のコツです。

それは相手にとって
プラスになる話しであれば、
聴く耳を持ってくれると言う事です。

今までは
「また保険の話か、
 面倒だから断わってしまえ」
と言ったパターンでしたが、
これからは違います。

「そうでなんですか、
それは知らなかったですね、
もっと詳しく教えてくれませんか?」

と言ったように、
相手から「もっと話しを聞きたい」
と言わせる工夫をすれば良いのです。

そうすれば
アポも取れるようになります。

その時のコツは、
「その話しをもっと聞きたい、」
と思わせること。

あなたもそう思わせるように、
話しを組み立てて見てはいかがでしょう。

きっとアポイントも取れるように
なりますよ。

その詳しい内容を知りたい、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg 





共通テーマ:仕事

保険のテレアポで成功する秘訣、それは相手に興味を引きつけるイメージトークを使うこと [テレアポ]

保険の営業で辛いのは
電話してもアポイントが取れないこと。

たとえば1日中電話をしても
一件すら取れない時もあります。

なぜアポイントが
思うように取れないのか?

その理由は簡単です。
取れないトークしか使っていないからです。

もしもアポが取りやすいトークがあるとしたら、
あなたも使って見たいと思いませんか?

そんなトークがあるなら教えて欲しい、
とおっしゃるあなたにコツをご紹介したいと
思います。

まずは今までテレアポがうまく行かないのは
最初に出る方に対する会話が上手くいかないのと、
キーマンに対する興味付けが足りなかったことです。

会社に電話する例で言えば、
最初に出るのは受付や事務員と言ったケースで
この時点で断わられていたのが多かったはずです。

キーマンと話す前に電話が終わる訳ですから、
アポイントが取れないのは当然ですよね。

さらに運良くキーマンと話しをする事が出来たとしても、
簡単に断わられてしまうこともよくある話しです。

そこでアポが取れずにお困りになっているあなたに、
解決出来る方法を教えたいと思います。

それは・・・
相手の立場になって考えて見ることです。

自分が相手の立場だったら・・・
どう言われると聞く耳を持つだろうかと
考えて見るのです。

こう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と言う感じで自分なりに工夫して見ます。

今までは会社から教えられたトークを元に
電話していたケースも多いと思いますが、
それでは他と同じような話し方になり、
「またその話しか、」となってしまいます。

そこで相手の興味を引きつけるには
相手の立場に立ったトークが必要です。

相手の立場に立ったトークとは、
興味をもたらすイメージトークのことです。

そのトークを作るにはどうしたらよいのか?

きっと解決する糸口が見つかりますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

7347687.jpg


 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「相手から断わられない方法」でアポイントが取れるコツとは? [テレアポ]

保険の営業は断られることが多く、
皆さんも苦労していると思われますが、

それが断わられない方法があるとしたら、
いかがでしょう?

例えばテレアポしても断られることが多いのは
皆さんご承知の通りです。

それだけ必要の無い話しであったり、
今すぐ無くてはなならない物でもないために、
相手にして見れば迷惑だと思われているからです。

そんなテレアポですが、
相手から嫌がれずに電話出来るようになれば、
テレアポも楽しく出来るようになると思いますが、
いかがでしょう。

もちろん、
まったく断わられないと言う方法は無いですから、
「今よりも話しを聞いてくれる人を増やせる・・・」
と言った感じならば、いかがでしょう。

これなら今までより見込み客を増やすことが出来ますし、
やり方によっては楽に電話できるようになりますから、
そんなテレアポに苦労しているあなたのために
その方法をご紹介したいと思います。

まずは、
あきらかに必要ないと断わっている相手には
それ以上何を言っても聞く耳を持ちませんから、
それ以外の方を対象にします。

それは、自尊心をくすぐると言う方法です。

自尊心とは分かりやすく言えば、
誰もが持っているプライドや見栄のことです。

人は他人から認められたいと思う反面、
他の人よりも優秀な部分はあると思っていますから、
そこをくすぐってあげることによって気持ちも大きくなり、
もっと持ち上げて欲しいと思う欲求に駆られます。

そこをトークに利用するのです。

すると、自尊心をくすぐられた相手は、
あなたとの会話をもっと楽しみたいと思うようになりますから、
簡単に話をすることが出来るようになるのです。

これが、電話で断わられないコツです。

このようなコツを使うことで
今までのように断わられる件数も少なくなりますし、
テレアポで苦労することも無くなります。

いかがでしょう、
あなたも断わられないで電話をすることが出来たら、
どれだけ助かるか・・・お分かりになりますよね。

そこで、
そんなテレアポについて詳しく知りたいと言う方や
新規開拓で効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険のテレアポで思うように話しをすることが出来ない方へ、これならアポが取れる [テレアポ]

保険の新規開拓でテレアポをする場合
テレアポが苦手で話しを進めることが出来ない、
と悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

それだけ断わられることに対して
抵抗を感じる訳ですが、

そもそもテレアポが苦手な理由としては
いくら電話をしても断わられるばかりで
思うようにアポイントが取れないと言う
点があることです。

ご存知のように、
テレアポや営業の電話が毎日のように
自宅や事務所にかかって来ますから、
受ける側もウンザリしています。

そこへあなたが
初めて電話したのにもかかわらず、

「その話しなら間に合ってます、」

とすぐ断わられてしまうのですから、
どうやって話しをすれば良いのかと
悩んでしまいますよね。

では、どうすればいいのか?
どのように話しを持っていけば
最後まで話しを聞いてくれるのか?

と言うことで、
ちょっとしたコツがあります。

まずはテレアポに対する苦手意識を変えるには
最初の入り方を変えることが大事です。

最初の入り方がスムーズにいくことで
話しを聞いてくれる方も出てきますから、
電話に対する苦手意識も無くなります。

さらに、自分がイメージした流れで話しが進めば
仮に「やっぱり今回は遠慮します」と言われても
それはきちんと話した後での結果ですから、
それほどダメージを受けることはありません。

今までは話しすら出来ずに終わっていたのですから、
そこは大きな違いです。

あなたもテレアポに対して苦手意識があるのでしたら、
最初の入り方を変えて見てはいかがでしょう。

今より違った結果を残すことも可能になりますよ、
どうぞ、お試し下さい。

その入り方をどうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の尾営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「アポイントが取れるトーク」の組み立てをすると見込み客が増える [テレアポ]

保険の営業でテレアポしている方から
「断わられることが多くてアポが取れない、
どうしたらいいのか教えてほしい・・・」

と言った相談をされることも多い訳ですが、
あなたの場合はいかがでしょう?

たとえば今までのテレアポと言えば、
………………………………………………
「 ~についてメリットある内容です。
 一度話しを聞いてくれませんか・・」
………………………………………………
と相手にお願いする電話でしたが、
その流れではアポは取れないのが現状です。

その理由としては、
相手に一方的に話しを押し付けている為に
最初から聞く姿勢にさせていないからです。

相手の心理状態はこんな感じです。
…………………………………………
「また保険の電話か、
 どう言って断わろうか・・」
…………………………………………

このように相手の中では
すでに断わりモードになっていますから、
何を話してもアポは取れません。

そこで相手から
「その話しを聞かせてほしい、」
と言わせるトークがあれば、
あなたも楽にアポが取れるようになります。

そのトークの組み立てはこうです。
………………………………………………………………
1)この保険だが興味あるか?
2)それにはこれだけの条件が必要だが、
  それをクリア出来るか?
3)こちらも選ぶ基準あるが、
  あなたは選ばれたいか?
………………………………………………………………

この組み立てで話しをすると、
相手から「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることが出来るようになります。

今まではこちらからお願いして来ましたが、
これからは違います。

相手から「その話しを詳しく聞かせて欲しい」
と言わせることが出来るようになるからです。

いかがですか、

あなたも思うようにアポイントが取れず
毎日苦労していると言うのでしたら、
このようなトークで組み立てをして
見てはいかがでしょう。

きっとコンスタントに
アポが取れるようになりますよ。

その効果的なテレアポトークを知りたい、
あるいは新しい手法や飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらをご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業でアポが取れない時、「ここを工夫」するとアポが取れるようになる [テレアポ]

保険の新規開拓で会社関係にテレアポすると
よく言われる言葉があります。

「今ちょっと席を外しておりますので・・」
「打ち合わせで出かけておりますので・・」
「今、会議中なので・・・・」
と言った言葉です。

本当にそうでしょうか?

中には出かけているケースもあるでしょうが、
それでも何度電話しても受付の回答が
「不在ですので・・」と言われるのは
おかしな話しです。

それには理由があります。

それはあなたの電話が
「取りつがないリスト」に入っているからです。

つまり、いつ電話しても
・出かけている
・会議中だ
・席を外している

と言った回答が続く場合は
あなたの電話は「営業=迷惑電話」と見なされ、
拒絶されていると言うことです。

それを勘違いして
「ああ、忙しいのか・・」と信じてしまうと
いつまで経ってもアポイントを取ることは出来ません。

そう言ったケースが続くようならば
入り方を工夫するしかないのです。

もし、あなたも同じトークしか使っていないのであれば、
別なトークで試すことが必要です。

そうすれば「また営業の電話か・・」の
「また」の部分がはずれて取り次いで貰えるからです。

このように何度電話しても相手が出てくれないのは、
あなたの電話が取りつがないリストに入っているので
今までの入り方を変えるしかありません。

その入り方のトークを知りたい、あるいは
保険の営業方法についてお困りになっている方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で苦労する電話案内がこのようにするとアポが取れるようになる [テレアポ]

保険の新規開拓で電話案内スしても
思うようにアポイント取れないのが現状です。

「保険の・・」と言った途端に
断わられることが多いためですが、
それでもアポイントが取れる秘訣はあります。

秘訣と言っても特別な手を使う訳でもありませんし、
誰にでもアポが取れる秘訣です。

たとえば今までのテレアポは
「保険について話しをしたい」と言ったように
こちらからお願いの電話をしていたはずです。

ですが会ってしまえば相手は断わりづらくなりますし、
契約させられてしまうかも?と言った不安があるために
ほとんどの方は断わって来ます。

そこでアポイントが取れる秘訣です。

相手から「会いたい」と思わせるように
話しを持っていくようにします。

それには「コツ」があります。

営業マンが話しをするのは当然として、
相手にも話しをさせるようにします。

たとえば「Q&A的な会話」を心がけると
相手との会話もスムーズに行きますし、
相手側にしても気持ちよく会話をすることが
出来るようになれば雰囲気も違って来るからです。

さらにこの時の特徴は、
相手が断るつもりであっても使えると言うことです。

仮に断わられる場合であっても
気持ちよく断わって貰うようにすることが大事です。

ただ単に「保険は間に合っていますので・・・」
と断わられるよりも、

「今は必要としないけれど、
そう言う時があったら考えておきますね。 」

と言ったように
前向きな断わりをさせるのがポイントです。

そうすれば例えその人が契約をしなくても
知り合いの方を紹介してくれることもありますし、
気が変わって後で契約になることもあるからです。

このような形で話しを進めると
ガチャ切りされる件数も減って来ますから、
テレアポも楽しく出来るようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓に使える営業トーク、それも「アポが取れるテレアポトーク」です [テレアポ]

保険の新規開拓でテレアポする時に
アポが取りやすいテレアポトークについて
ご紹介したいと思います。

毎日一生懸命電話しても
思うようにアポイントが取れないこともありますが、
そんな時は今のトークを変えるのもひとつの方法です。

たとえばトークの組み立てを変えるだけでも
相手が受ける印象も変わりますし、
前回断られた相手でも今回話しを聞いてくれることも
期待できるからです。

では、どのようにトークを変えれば良いのか?
と言うことになりますが、

まずはトークを作る際のポイントは、
自分の目線でトークを考えるのでは無く、
相手の立場になって考えること。

あなた自身に電話がかかって来た時に、
どう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と思えるようなトークを作ります。

あなたが勧めようとしている保険が
相手にどれだけプラスになるのか、
そしてどれだけ使い勝手が良くなるのか、
そのメリットになるイメージを考えながら作ります。

そうすると、
「これだけのメリットが手に入るんだ」
と言ったイメージが相手に伝わることによって
今まで以上にアポイントが取れるようになります。

今までは自分が売りたい保険を勧めるために、
売り手側=自分の立場で考えていました。

ですが、それでは相手にして見れば
売り込みとしか思えない電話ですから、
素直に聞いてくれなかったのです。

大事なのはその保険を手に入れることで
どれだけ自分が幸せになれるのか、
そしてどれだけ豊かな生活を送ることが出来るのか、

その幸せになっている「未来の自分の姿」を
相手にイメージさせることが出来れば
成功したのも同然です。

あなたも自分が幸せになって
喜んでいる未来が手に入るのならば、
その保険を手に入れたいと思いますよね。

このようにトーク(営業トーク)を作る時は、
相手の立場で考えることです。

そして相手が喜ぶようなイメージを
与えて見てください。

そうすれば今まで以上に
アポイントが取れるようになりますし、
電話することも楽しく出来るようになるからです。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - テレアポ ブログトップ