So-net無料ブログ作成
営業方法 ブログトップ
前の10件 | -

保険の営業でどのように話しを進めたら良いのか困っている方へ、この工夫なら話しを聞いてもらえる [営業方法]

自分が扱っている保険の案内を
どのように勧めたらいいのか分からない・・・
と悩んでいる方もいます。

テレアポや飛び込み訪問をしても
思うように見込み客が出来ないために
どうすれば話しを聞いてもらえるかと
悩んでいる方が多いからです。

なにしろ扱っている保険のほとんどは
たいがいどこの保険会社でも扱っていますから、
差別化は無いと言うのが原状だからです。

もちろん会社の規模やネームバリューもありますが、
それよりも営業マンの力量に左右される・
と言ったことが大きいこともあります。

そこで広く浅い営業をするよりも、
狭くそして深い営業を仕掛けることによって、
相手との距離を縮めて信頼を得ると言うのも
ひとつの効果的な方法になりますので
あなたも試して見てはいかがでしょう。

たとえばワンブロックの地域を集中して
営業を仕掛けると言うのもひとつの方法です。

それも1ヶ月単位で行うとメリハリが付きますので、
効果的に廻ることが出来ます。

同じブロック内にある会社や、商店、病院、
工場、作業場、あるいは個人宅と言ったように、
あなたが扱う商品が対象とする先全てを
廻るようにすれば良いのです。
それも一軒も漏らさずに・・・

そうすれば訪問先に迷うことはありません。

さらに1ヶ月を細分化して「週単位」として考え、
その週ごとに廻る地域を決めて訪問します。

次の週は隣りのブロックを廻り、
また次の週はその隣りを廻る。

1ヶ月内に目標とする地域を廻り終えたら、
翌月また同じブロックを廻るようにします。

こうすることによって
不在で会えなかった先と接触する機会も増えますし、
たとえ前回断わられた相手先であっても、

丁寧に訪問することを続けることによって
あなたを見る目を変えることが出来ますし、
話しを聞いてくれる方も出てきますから、
定期的に訪問する仕組みを作ることが
大事なのです。

さらにこれからの営業は、
保険を勧めると言うよりも自分と言う人間性を
知らせるようにして見てください。

そうすれば相手から話しを聞きたいと言われたり、
信頼を得ることも出来るようになりますから
楽に展開を進ませる事も出来るようになります。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたいと言う方や、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で相手から信用して貰える方法、これであなたも見込み客が増える [営業方法]

保険の新規開拓で苦労するのは、
安定的に見込み客を見つけることができるのか?
と言った点です。

その方法が分かれば誰も苦労しませんよね。

今までの方法と言えば、
職域訪問や個人宅への飛び込み訪問など
従来の営業方法を軸に活動している訳ですが、
思うように行かないのが現実です。

それだけ保険の営業は厳しいからです。

では、もし必要としている人から
手を挙げてもらう仕組みがあるとしたら・・
あなたも試して見たいと思いませんか?

今回はその仕組みについて
効果的な方法をご紹介したいと思います。

その方法と言うのは、
相手が不安に思っていることや
知りたくなるような情報を与えることで、
あなたと言う保険のアドバイザーがいることを
教えてあげることです。

たとえばあなたが扱っている保険について
他では知りえない情報を得ることができるとしたら、
その情報を与えているあなたに対して
相手は信頼を寄せることになります。

「これだけのことを教えてくれるんだから
この人は信頼できるかも・・」と言った感じです。

そもそも保険に加入した時のことを思い返せば、
本当に自分に必要な保障内容になっているのか?
外交員の点数稼ぎにされているのではないのか?
と言った疑問があることです。

つまりこの人(外交員)は私達のためと言うよりも
自分のために保険を勧めているんだろうと
思ってしまうことです。

これでは信用されないのも無理はないですよね。 

今は外資系を含め
色々な保険が溢れている時代ですから、
どこの何を信用していいのか分からないだけに
その判断をあなたと言う専門家が教えてあげれば
相手も助かります。

では、その情報をどのような方法で知らせればいいのか?
と言うことになります。

今は保険募集に関するものは許可申請が必要ですから、
自由にチラシを作って配布することは出来ないのが現状です。

そこで今回用意するのは保険募集に抵触しないように、
保険商品の説明に関する記載が無いツールです。

何を載せるかと言いますと、
一般的に知ることができない保険のあるあるネタです。

たとえばこう言ったケースの場合は
保険金を受け取ることが出来ないので注意が必要です。

あるいはこう言ったケースで申請しないと
保険金を受け取ることはできません・・・
と言ったような事例を記載することで
興味を持たせるようにします。

もちろん保険の詳しい内容については
各保険会社で用意しているツールを使えば
問題は無いですよね。

要は相手に対して
いかに興味を持たせて会話を続けることが出来るのか、
そしてこれだけの情報を教えてくれる人だから
きっと自分たちに良いプランを提供してくれるに違いない
と思わせることが大事なのです。

そのキッカケ作りに、
今回のように他では知り得ることができない情報を
与えてあげれば良いのです。

いかがですか、

このような方法で見込み客を開拓できるとしたら、
試して見る価値はありますよね。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新のノウハウがありますので、
ご覧になって下さい

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業で使える「話しを聞いてもらえるインターホントーク」 [営業方法]

保険の新規開拓をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も多いと思います。 

あなたの場合はいかがでしょう?

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

ではどのようにしたら良いのかと言うことですが、
相手の聴く耳を工夫すると言う方法があります。

なぜ聴く耳の部分かと言いますと、
同じ保険の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで興味を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、

それでは相手にして見れば「また保険の話しか・・」
になってしまいました。

ほとんどの方は保険に入っている時代ですから、
これ以上負担になる話しは聞きたくないと
思ってしまう方が多いからです。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことで、

実際今までの入り方と言えば
こんなパターンが多かったはずです。
……………………………………………………

「こんにちは、
 (    )生命の(   )と言います、
 お世話様です。

 今日は(   )地区にお住まいの皆様に
 新しい保険のご案内で廻っておりました。

 すぐ終わりますので
 玄関先までお願いします。 」

……………………………………………………

と言った感じで訪問しても相手にして見れば、
「ああ、また保険の話しか」になってしまいました。

これではインターホンアウトが多くなるだけで
先に進むことはできません。 

そこで入り方を工夫したインターホントークです。

こちらをご覧下さい。

   ↓ ↓ ↓
………………………………………………………

「こんにちは、
 (    )生命の(   )と言います、
 お世話様です。

 今日は(   )地区にお住まいの皆様に
 お役に立てる保険をご案内しておりました。

 ご家族皆さんの安心をカバーするものでして、
 どれだけの内容なのか(     )していたんですね、

 すぐ終わりますので
 ※(     )までお願いしま~す。 」 ←(このひと言がポイントです。)

………………………………………………………

※ノウハウに関するため一部(  )になっておりますが、
このような入り方をすると、

「保険の話しとは違うようだが何だろう?」

とちょっと考えさせるような感じになるので、
ドアを開けてもらう方が増えるようになるのが
今までと違うところです。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側は聞くだけでも面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけでした。

その考えを無くすためには相手方に、
「それは何とかしないといけない?」と思わせる
工夫が効果的なのです。

今までは話しを聞かずに断わられていたのは
あなたが売り込みになる話しをしていたからです。

それを無くすには相手にも参加させる工夫を
すれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能になります。

どうぞ参考にして見てください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



 


共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で有効なのは「今のトーク」をこのように工夫すること [営業方法]

保険の新規開拓をする時に、
今使っているトークで結果は出ているでしょうか?

もしあなたも結果が出ていないと言うのであれば、
参考になる方法をご紹介したいと思います。

まずは結果が出ていない大きな理由としてあるのは、
自分が伝えたい内容を話す前に断られてしまうことです。

伝える前に終わってしまうのでは
誰でも結果を出すことはできませんよね。

たとえばこんな感じです。
………………………………………………………………………

   ピンポ~ン・・・

奥様「は~い・・・」

営業「こんにちは、
   (   )生命と申します、
   お世話になります。

   今日は(  )地区にお住まいの皆様に
   新しい保険のご案内でお伺いしました。

   ご家族皆さんの生活を守る大切な内容ですので、
   玄関先までお願いしま~す・・・ 」

奥様「ああ・・保険は間に合っていますので・・・ 」 

       ガチャ・・・・

………………………………………………………………………

いかがですか、
あなたもこんな感じで終わっていませんか?

まだ詳しく話しもしていないのに
インターホンで終わってしまう現実・・・

これでは先に進みませんし、
結果も出ません。

なぜ相手は話を聞いてくれないのでしょう?

答えは簡単です、
保険の話しは面倒くさい・・・
と思われているからです。

保険に限らず
インターホンを押してくる営業マンに対しては
売り込まれると言う警戒心が働くので
誰も相手にしてくれないのが現状です。

では、どうすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますよね。

解決策はあります、
相手が興味を示すようなトークに変えれば良いのです。

こんな感じです。
…………………………………………………………………………………

   ピンポ~ン・・・

奥様「は~い・・・」

営業「こんにちは、(   )生命と申します、
   お世話になります。
   実は(   )をすると
   (   )になると言うのがあるんですが、
   ご存知でしたか? 」

奥様「はい?・・(    )ですか? 」

営業「はい、そうです。
   それに(    )もあるんですが、

   さきほどの奥さんからも
   その話しは本当ですか?って言われたんですね。

   今回、(  )地区にお住まいの方に
   特別な情報として教えておりましたので、
   玄関先までお願いしてもいいですか? 」

奥様「はい、ちょっと待って下さいね。 」

…………………………………………………………………………………
と言った感じであれば、

相手の興味を引き出すことも出来ますし、
ドアを開けて貰えることも可能になります。

今まではインターホンで終わることが多く、
次のステップに進ませることが出来なかったので
見込み客も出来ず契約本数も少なかったはずです。

それがちょっとしたトークの内容を工夫するだけで
興味を持ってもらうことが出来るとしたら・・・・

結果も違ってくるのは当然ですよね。

いかに相手に興味持たせる工夫ができるのか?
そこがポイントになります。

あなたもトークを工夫されて見てはいかがでしょう、
きっと効果も違って来ますよ。

そのインターホントークをどうすればいいのか知りたい、
あるいは新規開拓に使える営業方法を知りたいと言う方は、
こちらも参考になるノウハウがますのでご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

 7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業で資料を送った後の「フォロー電話」の仕方 [営業方法]

保険の営業で電話していると
相手からよく言われるのが「資料を送っといて・・」
と言った言葉です。

その中の半分はさりげなく断るつもりで
口に出したのかも知れませんが、

それでも話しの続きに期待したいあなたは
せっせと資料を送ることになりますよね。

実は資料を送ったその後の
フォローが大事なのです。

そこでそのフォローの効果的な方法を
ご紹介したいと思います。

まずは一般的なフォロー電話のケースと
効果が見込めるケースをご覧頂いた方が
分かりやすいと思いますので、
このふたつのケースを見比べて下さい。

………………………………………………………………………

     【一般的なフォロー電話】

営業「こんにちは、
   (   )生命の(   )と申しますが、
   先日お送りした資料はご覧頂いたでしょうか?

奥様「あ~ちょっと忙しくてまだ見てないんです。
   後で見ておきますね。」

営業「そうですか、わかりました。
   (   )様にとってとても良い保険ですので、
   ぜひご検討下さい、
   宜しくお願いします。」

………………………………………………………………………


     【効果が見込めるフォロー電話】

営業「こんにちは、
   (   )生命の(   )と申しますが、
   お世話様です。

   先日お送りした資料の件で
   まだじっくり検討されていないと思いますが

   実は、資料の中で大切な部分がありまして
   今後の参考にして頂くためにすぐ終わりますので、
   一、二点ほど説明させて頂いているんですね。

   今週でしたら、
   水曜日と木曜日では
   どちらがご迷惑になりませんか?」


奥様「そうね~木曜日かな・・・・」


営業「木曜日ですね、
   ありがとうございます。

   (   )様にとってとても良い保険ですから、
   満足して頂けるように説明させて頂きますね。
   宜しくお願い致します。」

……………………………………………………………………………

いかがですか、

この2つのケースを見て分かるように、
相手の受け取るイメージがかなり違って来ることが
お分かり頂けると思います。

資料を見ましたか?と相手に聞いてしまうと、
「見ていないので後で見ておきます・・・」
と言いやすくさせてしまうのが欠点でした。

「見ていないから後で見ておきます・・・」

これで終わってしまうのでは
電話した意味がありませんよね。

そこで見ていても見ていなくても
使えるトークがこれです。

「まだじっくり検討されていないと思いますが、」

このようにちょっと言葉を換えるだけで
相手が受ける印象も違うのですから、
工夫しない手はありません。

どうぞ参考にして見てください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で、相手に興味を持たせて見込み客を作るコツ [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
安定した見込み客を開拓することですが、
思うように見つからないのが現状です。

自宅や事務所には色んな営業の電話や
飛込み訪問などが毎日のようにあるため、

営業される側にして見れば
「また保険の話しか、
 面倒な話しに付き合っていられない、」
と思っている方がほとんどです。

このようにセールスさせられる側は
「そう言った話しは勘弁してほしい・・・」
と思っているものです。

そこでこれからの考え方ですが、
営業される側にすれば面倒な話しは聞きたくない、
と思っている訳ですから、

そのまま保険の話しを持っていっても、
お断わりされるのは目に見えています。

「また保険の話しか」で終わってしまうからです。

そこでこのような工夫をします。

「相手が知らない情報を教えてあげる」
と言ったスタンスで攻めること。

たとえば、
…………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )生命の(   )と言います。

   皆さんが掛けている保険について
   お知らせしたいことがありまして
   順番にお電話させていただきました。

   実は、
   皆さんが掛けている保険の(   )ですが、
   (         )があると言うことを
   奥さんはご存知でしたか? 」

…………………………………………………

と言ったように相手が保険の情報を
知りたくなるような話しをしてあげることで、
会話を続けるキッカケにします。

何よりも(    )の部分を工夫すれば、
いくらでも応用することは出来ます。

(    )が何なのかを知りたいと思わせ、
そして相手の興味を引き出すことが出来れば
今まで以上に結果を出すことも可能です。

どうぞ相手の興味を引き出すトークで
見込み客を開拓してください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
テレアポや飛込み訪問で効果的方法を知りたい方は
こちらに最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「話しを聞いてもらえる工夫」、これなら自然と見込み客も増える [営業方法]

保険の営業で困るのは
「保険」と言う言葉を出すだけで、
相手が引いて終わってしまうことです。

保険は誰でも分かっているだけに
今は保険に入る余裕が無いと言ったように、
簡単に終わってしまうことが多いからです。

そんな保険の営業ですが、
どのようにしたら話しを聞いてもらえるのか?
皆さんもそこの部分が知りたいですよね。

そこで保険と言う言葉を出しても
断られずに話しを聞いて貰えるコツです。

それは保険を売ろうと思わないこと。

相手が警戒するのは
保険の話しを聞いたら契約させられる・・・
と言った先が見えることです。

ましてや自分から話しを聞きたいと言うのではなく
あなたと言う営業マンから保険を勧められる訳ですから、
どうしても疑ってしまいます。

この営業マンが勧めている保険は
本当に自分にとってベストな保険なのか?
もしかすると営業マンの成績に有利な保険として
持って来たのではないか?と言ったように思われて
誰も話しを聞いてくれません。

そこで保険と言う商品を売ろうと思わずに
相手が抱えているかも知れないリスクの存在について、
似たような事例を示しながら教えてあげるようにします。

こう言った時はこれだけの保険金がもらえるので安心だが
こう言った場合は受け取ることが出来ないので注意が必要です、
と言った感じで有益な情報を教えてくれる営業マンならば
相手も信用してくれるようになります。

後は保険について気軽に話しを聞いて貰えるようになりますし、
知り合いの方を紹介してくれることも期待できます。

このように保険の営業は誰でも知っているだけに
すぐ断られることも珍しくありませんが、

反対に知っているからこそ
相手の信頼を得ることが出来れば楽なことはありません。

なんと言っても保険の営業で成功する秘訣は
いかに相手から信頼を得ることが出来るかで決まるのですから、
結果を求めるのでは無く相手のために行動して見ては
いかがでしょう。

そうすれば話しを聞いてくれる方が増えるようになります。
どうぞお試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で使える効果的な訪問の仕方、それはトークの言葉を変えるだけで結果も変わる [営業方法]

保険の新規開拓をする際に、
ちょっとした工夫で効果が出てくる方法を
ご紹介したいと思います。

その方法と言うのが、
ポスティングを使った手法です。

一般的に通常のポスティングは
郵便受けにチラシを入れて行く訳ですが、
年々反響率も下がっているのが現状です。

反響が無いままポスティングを続けても意味ありませんので
せっかくポスティングをするのであれば、
効果が得られる方法で訪問することです。

その方法と言うのが、
手渡しトークポスティングです。

それもチラシと言う名目ではなく、
違う言葉で伝えます。

それが「   」と言った名称です。

チラシと言う所を「   」と言った
名前を変えるだけのことですが、
これが相手が受ける印象も変わるのですから、
試して見ると面白いものです。

なんか面白そうなものが貰えるの?
と思ってドアを開けて貰えるようにするのが目的です。

では実際にどのように手渡しすればよいのか、
こちらをご覧下さい。

こんな感じです。
……………………………………………………

   ピンポ~ン・・・

奥様「はい・・・ 」

営業「こんにちは、
  (   )生命ですが、
   お世話様です。

  (   )地区にお住まいの皆様に
   保険の内容が変わったことに対する
   新しい「  」を渡しておりましたので、
   玄関先までお願いしま~す。」

奥様「・・ちょっと待って下さいね、」

    ガチャ・・・

営業「お世話になります、
  (   )生命の(   )と言いまして、

  (   )地区にお住まいの皆様に
   保険の内容が変わったことに対する
   新しい「  」を渡しておりましたので、
   どうぞお受け取り下さい。

  (   )保険の内容が変わっていることについて
   ご存知でしたか? 」 

奥様「いえ、知らないですよね・・」

営業「そうですか、   
   こちらの「  」を見て頂ければ分りますが、

   ・・・・・・・・・
   
………………………………………………………

と言った流れで相手に「  」を渡しながら、
保険の内容について説明して行きます。

そうすることによって
自然と会話を続けることが出来ますし、
相手との距離を縮めていくことも出来ますから、
そこから見込み客を見つけることも
可能になります。

今までは保険のチラシを郵便受けに入れるか、
あるいは相手と会話出来た時にようやく手渡す・・・
と言った程度だったと思いますが、
それでは結果を得ることはできません。

やはり会話をするためのキッカケが必要です。

それが「   」を手渡すことによって
相手も聞く姿勢にさせることが出来るのですから、
飛び込み訪問で会話が出来ないと言う時は
試して見てはいかがでしょう。

もちろん話しも聞かずに終わることもありますが、
それでも断わられる件数は大幅に減ります。

ちなに「   」の中身ですが、
チラシと言う言葉を「   」と言う言葉に
置き換えて説明するだけなので中身は一緒です。

ですが相手が受けるイメージは全然違って来ますので
言葉のニュアンスを変える効果は大きいのです。

ちょっとした工夫で反響が変わるのですから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

きっと効果の違いに驚きますよ。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の勧誘で話しを聞いてもらえない時、こうすれば聞く耳を持たせることができる [営業方法]

保険業界全般に言えることですが、
ほとんどの方はすでに何らかの保険に
加入済みです。

ましてや通販型の保険や、
掛け金の安い共済や全労災と言った
保険の外交員と関わらずに
簡単に加入出来る時代ですから、

保険の勧誘をする際に
話しを聞いてくれる人は少ない・・・
と言うのが現状です。

保険に入っている方が多いのですから、
これ以上入る余裕も無ければ
お金も無いと断わる方が多いのです。

では保険の勧誘は無理なのか?
と言うことになりますが、

何も対策を立てずに
そのまま営業するようなことであれば、
当然、結果を得ることは出来ません。
 
「保険は入っているので大丈夫です、」
「これ以上入る余裕が無いので・・・」
「知り合いに保険屋さんがいるので・・・」
 
このように入り口部分で
断わられてしまうだけです。
 
保険に入っているのだから
これ以上話しを聞く必要が無いと
思っている方が多いんですね。

そこで対策です。
 
保険の商品を勧めようとするのでは無く、
保険の必要性を教えてあげる、あるいは
相手が気付いていないことなど、
この保険屋さんの話しを聞かないと
後で損をするかも・・・
 
と言った想いをさせる入り方であれば、
 
保険の営業マンではなく
頼りになる保険のアドバイザーとして
あなたを見てもらえるようになりますし、

保険に関する相談事はすべて
こちらに来させることも可能になるのです。
 
そうなれば保険の見直しもスムーズに行きますし、
知り合いの方など紹介してくれることも
期待できるようになります。
 
このように相手から話しを聞かせて欲しいと
言わせるノウハウや、

法人・個人問わず、
電話の伝え方や訪問に役に立つ入り方など
すぐ使えるノウハウを探している方は
こちらをご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業ですぐ断わられてしまう時に使える、ちょっとした営業トークの工夫 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは、
電話や訪問をする際に入る言葉選びです。

保険の営業ですから、
保険について説明することになる訳ですが、
ほとんどの方は「保険の話しは聞きたくない、」
と思っているのが現状ですから、
工夫が必要です。

そこで最初に入る営業トークの工夫です。

最初の入り方がスムーズに行けば
その後の会話も続けることも出来るのですから、
このような入り方をして見てはいかがでしょう。

▼保険の入り方としてご覧下さい。
……………………………………………………

営業「こんにちは、
   (  )生命の(  )と言いますが、
   お世話になります。

   実は、
   (   )で有利な(  )保険のご案内で
   電話(訪問)したのですが、
   (  )について内容が変わっているのを
   ご存じですか?」

……………………………………………………
と言った感じで相手に質問をして
一旦返答を待ちます。

そして相手が話しかけて来たら
あなたも話しをします。

この繰り返しをすることで
あなたが主導権を持つことが出来ますので、
続けて会話をすることも可能になります。

もちろんこれだけでアポが取れる訳ではありませんが、
それでも続けて会話をすることが出来ますから
アポが取れる可能性も高くなると言う訳です。

今までのようにすぐ断わられることが多く
どうすればいいのか困っていると言うのであれば、
ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 営業方法 ブログトップ