So-net無料ブログ作成

保険の営業で成功する秘訣は「自分だけの営業トーク」を持つこと [営業方法]

保険の営業で結果を出すには努力が必要ですし、
継続した営業活動も必要です。

ですが、一生懸命努力したとしても
それが結果に反映されなければ、
保険の仕事を続けていくことは出来ません。

なぜなら保険業界にはクリアすべき
営業成績の最低目標ラインがあるからです。

そんな厳しい保険の営業ですが、
もし今のやり方で結果が出ないのであれば
営業方法を変えるしかありません。

たとえばよくあるパターンとして、

「今のところ間に合っています、」
「その話しなら必要ありません、」

と言ったように、
お決まりの断わり文句が出て
話しを聞いて貰えないと言うのであれば
トークを変える工夫が必要です。

そもそも「その話なら断わっているので、」
と言った言葉が出るのは、

同じような保険の話しが毎回来るために
断わっている方が多いと言うことです。

そうなる理由として大きいのは
会社で教えられたトークの未熟さにあります。

どの保険会社でも
同じようなトークを使っているのであれば
「また保険の話しか」となるからです。

そうならないためにするには、
自分だけの営業トークを持つ工夫が必要です。

自分だけのトークなら相手の反応も違って来ますし、
冷たく断わられる件数も少なくなれば
営業するモチベーションも違って来ます。

では、そのトークをどのようにして作るのか?
と言うことになりますが、

そのトークを作るヒントは
断わって来る相手方にあります。

断わる理由は分っているのですから、
それを逆に利用すればよいのです。

そこで、このような想いを持ってください。

(わかっていますよ、
 保険の話しは聞きたくないと言うことを、
 ご安心下さい、
 あなたに押し付ける話しではないので
 大丈夫ですよ。)

この想いを相手に伝わるように
そんなトークに置き換えて話すようにすれば、
相手も安心して聞いてくれるようになります。

では、実際どのようなトークで語れば良いのか?
そのトークの内容を知りたいと言う方は
こちらを参考にして見てください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg




共通テーマ:仕事