So-net無料ブログ作成

保険の「飛び込み訪問」で成功する、警戒されない訪問の仕方 [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問で警戒されるのは、
「売り込まれるかも知れない」と言うことがあるために
どうしてもガードが堅くなってしまうことです。

そこで警戒されないようにするにはどうしたら良いのか?
と言うことで、

最初のアプローチは
売り込みをしないと言う意識で訪問すること。

つまり、
「保険を売り込まれるかも知れない・・」
と思っている相手に対して、

「そんな心配いりませんよ、
今の生活に役立つ情報を届けているだけなので
ご安心下さい。 」

と言ったスタンスで接することによって、

(ああ、保険の売り込みではないんだな、
それだったら話しくらい聞いてもいいか・・)

と思ってくれる方も出て来ますから、
そこから会話を続けることも出来るように
なることです。

何よりも良い話しを聞かせてくれる保険の専門家として
あなたのことを見てくれるようになりますから、
その後も良好な関係を築く事もできるようになります。

でも、保険を売り込まないで何を話したら良いのか?
と心配する方もいると思います、

そこで保険の飛び込み訪問で上手くいくコツは
売り込みになるような印象を与えるのではなくて、
通常、知るところまではいってない保険の知識や
保険を活用した生活に役立つ情報と言ったように、

お役立ち情報を教えているんですよと言った
「情報提供をしています」的なスタンスで
接するようにすることです。

そうすれば保険の売り込みと思われずに
話しを聞いてくれる方も増えるようになるからです。

あなたも保険の専門アドバイザーとして
あなたの知っている情報を教えてあげてください。

そうするとあなたの話しを聞きたいと思う人が
今まで以上に増えますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


共通テーマ:仕事

保険の営業で今までの営業方法以外に「保険の契約を獲得できる方法」 [営業方法]

保険の新規開拓で営業をする場合、
色々な営業手法があります。

テレアポや飛び込み訪問、
紹介営業や職域営業と言ったように
営業方法は色々とあります。

そう言った中で保険のテレアポは
会社に居ながら電話する事が出来ますし、

その場で見込み客はもちろんのこと
契約をいただくこともありますから、
時間の効率面から言っても
有効な営業方法でした。

ですが保険会社によっては
電話での募集行為を禁止するところや
電話内容の記録を義務づけると言った
制約を設ける会社が増えております。

それだけ電話での募集に対する規制が
年々厳しくなっている現実があるからです。

それならばと言うことで
他の方法で営業しようと思っても
そう簡単に行かないのが現実です。

これはと言った反応も得られず、
どうやって営業すればいいのかと
悩んでしまいます。

そこで今までの営業方法に代わる、
いえいえそれ以上の効果的な方法で
見込み客を開拓することが出来るとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いませんか?

そこで新規開拓でお困りになっている方や
効率よく契約を上げたいと思っている方の為に、
こちらにも効果的な保険の営業手法がありますので





共通テーマ:仕事

保険の営業で今の募集方法以外に「保険の契約を獲得できる方法」がある [営業方法]

保険の新規開拓で営業をする場合、
色々な営業手法があります。

テレアポや飛び込み訪問、
紹介営業や職域営業と言ったように
営業方法は色々とあります。

そう言った中で保険のテレアポは
会社に居ながら電話する事が出来ますし、

その場で見込み客はもちろんのこと
契約をいただくこともありますから、
時間の効率面から言っても
有効な営業方法でした。

ですが保険会社によっては
電話での募集行為を禁止するところや
電話内容の記録を義務づけると言った
制約を設ける会社が増えております。

それだけ電話での募集に対する規制が
年々厳しくなっている現実があるからです。

それならばと言うことで
他の方法で営業しようと思っても
そう簡単に行かないのが現実です。

これはと言った反応も得られず、
どうやって営業すればいいのかと
悩んでしまうところですよね。

そこで今までの営業方法に代わる、
いいえそれ以上の効果的な方法で
見込み客を開拓することが出来るとしたら・・・

あなたも試して見たいと思いませんか?

そんな新規開拓でお困りになっている方や
効率よく契約を上げたいと思っている方に、
こちらにも効果的な営業手法がありますので




共通テーマ:仕事

保険の営業で「その話しを聞かせて欲しい」と言わせることができる話法 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
見込み客をどれだけ獲得できるのか?

そして継続的に契約を上げることが出来るのか?
と言った部分にある訳ですが
そう簡単に行かないのが現実です。

電話しても話しを聞いてもらえませんし、
訪問してもインターホンで断わられることも多く
思うように行かないのが現実だからです。

ではどのようにしたら良いのか、
あなたはお分かりになりますか?

なぜ話しを聞いてもらえないのか?
そこの理由を知ることで解決策も見えて来ますから、
今回は新規開拓で苦労している保険の営業マンに
保険の営業で使えるノウハウをご紹介したいと思います。

まずは相手が話しを聞いてくれない理由の多くは
あなたが保険の売り込みをしているからです。

もちろん保険を売らないことには仕事になりませんから、
契約してくれる相手を見つけるために
保険の話しをする訳ですが、

その行為が相手にして見れば
売り込まれている?と思われていることです。

なぜなら保険はすでに加入済みの方も多く、
これ以上保険に入る予定も無いと言うのが
現実だからです。

そこへ保険の話しをすれば
誰でも売り込まれると思うのは当然ですよね。

つまり保険=売り込まれていると言う流れでは
誰も話しを聞いてくれないと言うことです。

ではどのようにしたら
「話しを聞いてくれるのか?」と言うことで、
ここからが保険の営業に使えるノウハウです。

話しを聞いたら売り込まれる?
と思っている訳ですから、相手は受身です。

受身のままでは相手のガードも堅く、
そしてそれ以上の進展は望めません。

そこでこれからはこのようにします。

相手が受身と思っている意識を変えてあげます。

受身ではなく、
「自発的」にさせるようにすること。

たとえば「その保険の話しを聞かせて欲しい、」
と相手に言わせるようにして見てはいかがでしょう。

今までは「保険の話しを聞いて欲しい・・」と
相手に対してお願いの話しをしていたので
「そんな話しは間に合っている」と
断わられていました。

ですから売り込みの話しになってしまうと
誰でも拒絶してしまうことが多いので、
相手に対して受身にさせるのではなく、

相手自身から、
「その話しを聞かせてほしい、」と
言わせるようにすれば良いのです。

何しろ相手から話しを聞かせて欲しいと
お願いされる側になれば・・・
こんな楽なことはありませんよね。

でもここで疑問が出てきます。

どうやって相手から
「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることができるのか?と言うことです。

ご安心下さい。

そんな難しいことでもなく、
あなたでも出来る「話法」があるからです。

その「話法」と言うのは
トークの流れを相手に言わせると
言った仕組みを相手に仕掛けるだけです。

そうすれば相手から「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることも出来るようになりますから、
今まで以上に結果を出すことも可能になります。

その詳しい「話法」の内容や
保険の営業に参考になるノウハウについては
こちらにもたくさん掲載しておりますので
ご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問を成功させるコツは「相手から断わられた時の工夫」で決まる [飛び込み訪問]

ご存知のように保険の飛び込み訪問は
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を残すことができません。

そんな保険の飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方があります。

たとえばインターホンで簡単に断わられた場合、
「また断わられるかも・・」と消極的になり、
再訪するのは気が引けると言う方もいますが
そんなことはありません。

諦めるのはまだ早いです。

なぜなら今回断わられても次回断わられるとは
決まっている訳ではないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ断わられたとしても
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ちょっとした種をまくと言うのは
どう言うことなのかと言うと、
断わられた時に良いイメージを残すこと。

その良いイメージと言うのが、
断られた時こそ「去り際をさわやかにする」
と言った工夫です。

たとえば保険の飛び込み訪問をしても
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由としては
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか、
突然の訪問ゆえに相手も警戒してしまうために
ほとんどの方は断わって来るからです。

その相手の警戒心を和らげるために
去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時は会ってくれることも
期待できると言う訳です。

一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
次の訪問では話しを聞いてくれる人も出て来ます。

なので保険の飛び込み訪問を成功させるコツは、
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪出来る営業を
普段からすることです。

そうすれば結果も付いて来ますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事