So-net無料ブログ作成

保険の営業で「その話しを聞かせて欲しい」と言わせることができる話法 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
見込み客をどれだけ獲得できるのか?

そして継続的に契約を上げることが出来るのか?
と言った部分にある訳ですが
そう簡単に行かないのが現実です。

電話しても話しを聞いてもらえませんし、
訪問してもインターホンで断わられることも多く
思うように行かないのが現実だからです。

ではどのようにしたら良いのか、
あなたはお分かりになりますか?

なぜ話しを聞いてもらえないのか?
そこの理由を知ることで解決策も見えて来ますから、
今回は新規開拓で苦労している保険の営業マンに
保険の営業で使えるノウハウをご紹介したいと思います。

まずは相手が話しを聞いてくれない理由の多くは
あなたが保険の売り込みをしているからです。

もちろん保険を売らないことには仕事になりませんから、
契約してくれる相手を見つけるために
保険の話しをする訳ですが、

その行為が相手にして見れば
売り込まれている?と思われていることです。

なぜなら保険はすでに加入済みの方も多く、
これ以上保険に入る予定も無いと言うのが
現実だからです。

そこへ保険の話しをすれば
誰でも売り込まれると思うのは当然ですよね。

つまり保険=売り込まれていると言う流れでは
誰も話しを聞いてくれないと言うことです。

ではどのようにしたら
「話しを聞いてくれるのか?」と言うことで、
ここからが保険の営業に使えるノウハウです。

話しを聞いたら売り込まれる?
と思っている訳ですから、相手は受身です。

受身のままでは相手のガードも堅く、
そしてそれ以上の進展は望めません。

そこでこれからはこのようにします。

相手が受身と思っている意識を変えてあげます。

受身ではなく、
「自発的」にさせるようにすること。

たとえば「その保険の話しを聞かせて欲しい、」
と相手に言わせるようにして見てはいかがでしょう。

今までは「保険の話しを聞いて欲しい・・」と
相手に対してお願いの話しをしていたので
「そんな話しは間に合っている」と
断わられていました。

ですから売り込みの話しになってしまうと
誰でも拒絶してしまうことが多いので、
相手に対して受身にさせるのではなく、

相手自身から、
「その話しを聞かせてほしい、」と
言わせるようにすれば良いのです。

何しろ相手から話しを聞かせて欲しいと
お願いされる側になれば・・・
こんな楽なことはありませんよね。

でもここで疑問が出てきます。

どうやって相手から
「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることができるのか?と言うことです。

ご安心下さい。

そんな難しいことでもなく、
あなたでも出来る「話法」があるからです。

その「話法」と言うのは
トークの流れを相手に言わせると
言った仕組みを相手に仕掛けるだけです。

そうすれば相手から「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることも出来るようになりますから、
今まで以上に結果を出すことも可能になります。

その詳しい「話法」の内容や
保険の営業に参考になるノウハウについては
こちらにもたくさん掲載しておりますので
ご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事