So-net無料ブログ作成

保険の新規開拓で相手の加入状況を訊きだしながら「会話を続けるコツ」 [営業方法]

保険の新規開拓が上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方も多いと思います。

今回はそんな方のために
会話を続けられるコツをご紹介します。

まずは最初の入り方です。

ご存知のように、
さまざまな会社から営業されることが多く、
「その話なら必要ありません、」
と断わられることも珍しくありません。

それだけ電話や訪問してくる営業マンが
多いと言うことです。

あなたが初めて営業する先であっても
相手からすれば「またその話しか、」
になってしまいます。

では、どのようにすれば
相手と会話を続けることが出来るのか?

それは「資料ならいいか、」と思わせる流れで
会話を続けていくようにすることです。

このような感じです。
…………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんからも
   保険はすでに入っているので
   これ以上入る余裕が無いと言われたんですが、

   そこで今の保障内容で掛け金を安くする
   方法があるんですよと教えてあげたんですね。

   奥さんの方でも
   今の保障と同じで掛け金が安くなるなら
   ご迷惑になりませんか? 」

奥様「そうね~
   でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   ご主人に聞いて見ないと分かりませんよね、

   ※たとえばですが、  ←(ここから相手に聞く姿勢にさせるポイント)
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   もし、考えてもいいかな?と言う事でしたら、
   参考になる資料を郵送することも出来ますが、
   いかがなさいますか? 」

奥様「そうですか、それじゃ、
   資料だけでも送ってくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「ええ、よろしいですよ。
   それでは何点かお聞きしたいと思いますので
   宜しいですか? 」

奥様「ええ、いいですよ。」←(胸の内:送って貰うのだからいいか・・)

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について
   ちょっと教えて欲しいのですが・・・ 」

……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
見込み客に発展させることもできます。

ほとんどの方は何らかの保険に入っていますから、
自分の話しに聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で苦労していたと思います。

そこで相手が知りたくなるような情報を伝えながら
資料を送りますのでと言った安心感を与えることで、
会話を続けていくようにするのがポイントです。

「資料だけならいいか・・」と思わせておいて
あとは相手の加入状況を訊きだして会話を続ける・・

この流れで持っていくようにすれば、
その後の展開も有利に進ませることが出来ます。

どうぞ参考にして見てください。

その他、
保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。